夫婦関係のすれちがいが、なぜ起こるのか。

夫婦関係の一番大切なのはコミュニケーションです。結婚生活が長くなり、大切なことをなかなか言えない、聞けないことが増えてくると、だんだんすれ違いが増えていきます。また、言えないことが増えていくと、イライラを感じやすくなります。

そのように未解決のままでいると、過去の出来事も消化されていないため、より怒りが強くなっていきます。また、お金の使い方や考え方、子育ての方針の違い、介護のことなど重要なことへの価値観の違いがあり、話しあわないままだと、すれ違いは大きくなっていきます。

 

カウンセリングでは、コミュニケーションを改善します。

自分の思いを伝える方法(アサーション)、そして、共感の気持ちで相手の話を聴く方法(傾聴)を実践しながら進めていきます。

日常生活でも、大切な話ができるように促します。

今までつらかったことを、相手に伝え、それを共感で聴いてもらうことで、受容されて、夫婦関係が再構築されていきます。

または、傷つけ合うのではなく、お互いが納得して別々の人生の道を選択肢歩んでいく話し合いの過程を支援します。

どちらの形にしても、お互いがお互いを大切にできる方法を探っていきます。

カウンセリングについて

このような場合は、定期的に継続してご来談していただくことをお勧めします。安心感を得られ、こころの癒しの過程が早くすすみます。詳しいことは、こちらから

 

<<<お問合せの流れについてのご説明はこちらから>>>

お気軽にお問い合わせください。054-340-0700受付時間 9:00-18:00 [ 月曜・火曜・祝日除く ]