山本麗子 想月代表 心理療法士 (大人担当)
主な担当:経営者向けのカウンセリング、トラウマの心理療法、無料相談

■ メッセージ ■

みなさん、つらさや苦しさを抱えてカウンセリングを訪れます。しかしカウンセリングを通して、ご自身の中の気づきがたくさん起き、深く自分自身を癒していきます。そして、「よし、もう一回やってみよう!」と、立ち直っていく。以前の自分よりも数倍すてきになっていく。私はそれを目の当たりにして、感動する。「なんて生きる力があるんだろう!」心理カウンセラーの仕事って、本当に面白い最高の仕事だと毎日思っています。

■ 学歴 ■
静岡雙葉中学校・高等学校卒業
上智短期大学卒業
東京女子大卒業
1996年コロンビア大学院社会福祉修士号取得
NY州社会福祉士認定
精神分析研究所にて修士後の訓練を受ける

■ 経歴 ■
1996年 NY州立精神病院、外来メンタルヘルスクリニックに勤務
2001年 9.11テロ事件後の州立メンタルヘルス支援プログラムなどで勤務
NY市で心理カウンセリングオフィス個人開業
2003年 静岡市に移住同年、静岡市駿河区石田にて心理カウンセリングオフィス開業
NPO法人こころのケアグループ設立7年間活動 (2014年解散)
2017年 静岡市葵区東草深町の現オフィスに移転

■ 資格 ■
〇コロンビア大学社会福祉士認定スーパーバイザー資格取得

〇NHA®(こころを育てるアプローチ)認定アドバンストレーナー資格取得

〇笑いヨガ認定インストラクター

■ 研修 ■
〇ブライアン・ワイス博士「前世療法」
〇ヴィパッサナー瞑想
〇ジェームス・バンプラーグ「直感での癒やし」
〇ソーニア・チョケット「直感を磨く」
〇EFT Japan レベル 1&2 セラピストコース講座終了

■ ミッション ■

気になる子どもへのアプローチとして開発されたNHA(こころを育てるアプローチ)によって、大きな癒しを実感し、日本でNHAを紹介していくことをミッションとする。

■ 著書 ■

「逆転のコミュニケーション法 NHA(こころを育てるアプローチ)」じゃこめいてい出版

 

<<<山本麗子のカウンセリングのスタイル>>>

 

山本指名のクライエント様、経営者向けのカウンセリングと、トラウマの心理療法無料相談を主に担当します。初回75分、その後の個人の面談60分です。約20年のNYと日本での経験や学びより、そのクライエントさんに合った手法を使います。短時間で結果の出せるEFT(感情解放テクニック)、精神分析的なアプローチ、表現アート、アサーティブトレーニング、認知行動療法など様々です。私の考え方の根底にあるのは、社会福祉学、精神分析、PTSD・トラウマワーク、「奇跡のコース」、「前世療法で世界的権威のブライアン・ワイス博士」や「スピリチュアルティーチャー・エックハルト・トール」の教えがあります。

 

カウンセラーになった理由

何年も前、私は素晴らしい心理療法士とアメリカで出会うことができました。

そのセラピストは、深い悲しみにあった私をそのまま受け入れ、無理に変えようとせず、私の中にすでにある癒しの力を信じてくれました。

セッションの過程の中で自分が徐々に自分の力を思い出し、変化し、成長していくことを体感しました。自分自身セラピストになり長いですが、いまでも私のセラピストに深く感謝しています。

どのような学びをしてきたのか?

大学院の時、外来のメンタルヘルスクリニックなどで実習をする。修士号習得後、NY州立精神病院でソーシャルワーカーとして働きながら、夜間、精神分析の研究所で心理療法しとして開業するための学びを続ける。

この精神分析プログラムでは、

・週3回の教育分析(カウンセラーになるための自分のカウンセリング)を受ける

・1週間に平均10人のクライアントをみる

・論文を読み、議論し合う授業を受け、自分が担当したクライアントについて論文を書く

・スーパービジョンを2人のスーパーバイザーから受ける

という内容の訓練を受ける。

その精神分析研究所の数年間の学びの後は、NY同時多発テロ事件9.11などが起こり、トラウマPTSDなどの専門的な訓練を受ける。日本に帰国後も様々な新しいコミュニケーション方法、心理療法のテクニックをアメリカに何度も戻って学びを重ね、スピリチュアルな学びも同時に行っている。

9. 11アメリカ同時多発テロ事件にて

その後、カウンセラーとしてNY州で個人開業をした後、2001年9.11アメリカ同時多発テロ事件が起こる。

EAP(社員メンタルヘルスプログラム)の一環で、心理カウンセラーとして企業に派遣され、世界貿易センター周辺の様々な会社の社員のこころのケアに当たる。また、がれきの下に埋まった仲間を助け出そうと不眠不休で救助に行く消防士と、その支援者の支援にも当たる。毒ガスが漂う中、ものすごい惨劇を目の当たりにしながら、仲間の肉片を拾った消防士の支援、日本領事館でのホットラインのボランティア、一般市民の心のケアの相談に約3年携わる。

NY州では億単位の助成金がメンタルヘルスプログラムに使われるため、市民は無料でカウンセリングを受けられ、カウンセリングに携わる専門職の人々は、研修を無料で受けられる。そのため、全米のPTSDの分野の最先端をいく脳科学者、トラウマの権威のセラピスト達による研修を受けることができた。被害者の体の反応、そしていかに「安心・安全」を確保していくことが重要なのかを学ぶ。

学びの中で、まざまざと感じたのは、PTSD、トラウマのケアには、心理カウンセリングだけでは足りないということだった。身体・スピリットにもアプローチしていかなければ、真にトラウマからの回復を支援することができないということがわかり、その後、年月をかけて様々なホリスティックヒーリングを学ぶことになる。

 

お気軽にお問い合わせください。054-340-0700受付時間 9:00-18:00 [ 月・祝日除く ]